ローマ字入力サンプル: 読み込み中・・・参考サイト: 梵字変換の使い方同音異体字 

出力 フォント: 出力形式: 文字 画像 文字鏡マクロ

ここに変換結果が表示されます。

  • このページはハーバード京都方式のローマ字をunicodeの梵字に変換するWEBアプリです。
  • サンプル項目を選択すると[ローマ字入力]欄にハーバード京都方式のローマ字で真言等が表示されます。
  • ローマ字が入力されている状態で[変換実行]ボタンを押すと下の欄に変換結果が表示されます。
    変換対象は中括弧”{“,”}”に囲まれた領域内のローマ字です。
    「ローマ字入力」欄は自由に書き換えることができます。
  • 変換された文字はワープロソフト等にコピー・ペーストできます。
  • 梵字を表示するには下記のフォントのインストールが必要です。

現在梵字を出力するフォントには以下の3種類があります。

  1. 漢字領域に梵字を埋め込んだフォント
    今昔文字鏡
    文字鏡研究会作 「今昔文字鏡フォント」のうちMojikm13.ttf、Mojikm14.ttf、Mojikm15.ttfの3フォント
    梵字鏡湧出窓
    上記3フォントに変換ソフトを加えたもの。 エーアイソフトより販売
    梵遊、梵遊筆、梵遊朴筆、梵遊豊
    昭和書体より販売されている梵字フォント
  2. Unicodeの梵字領域を使ったフォント
    IjaradnamSiddham
    拙作。梵字鏡フォントに似せた筆文字様フォント。ダウンロードはこちら
    NotoSansSiddham-Regular
    Google Noto Fontの一つとして公開されるものとおもわれる。2019/10/14時点で、正式には公開されていない。
    Muktamsiddham v2.0、MuktamsiddhamT v2.0、MuktamsiddhamG v2.0
    MihailJPさん作。ver.2.0より全て悉曇領域を利用。
    ApSiddham
    azahuseさん作。
  3. Unicodeのデーヴァナーガリー領域に対応する梵字を当てはめたフォント
    NotoDevaSiddham-Regular
    拙作。NotoSansSiddham-Regular.otfフォントのグリフをdevanagari領域に入れ替えたフォント。元のReph raをabove baseに改変した。ダウンロードはこちら
    Muktamsiddham、MuktamsiddhamT、ggsiddham
    MihailJPさん作。ggsiddhamは今では手に入らないようです。
    ApDevaSiddham、ApDevaSiddhamEx、Ap梵字悉曇弐式
    azahuseさん作。最後のフォントは刷毛文字です。
    AfeySiddham
    拙作。Muktamsiddhamフォントのグリフを北華阿飛世界さんデザインの梵字に入れ替えたフォント。ダウンロードはこちら

コメント

ローマ字梵字変換 — 5件のコメント

  1. 「t」のようにタタツが付く文字で「s」があると聞いたのですが、
    阿弥陀如来のamitayusの最後の「s」で使われるそうですが、、
    どのように引けばよろしいのでしょうか?ご教授頂ければ幸甚です。

  2. 2014/5/24 hIH,yaiH を追加しました。
    mandala121.ttf を入れ替えて試してください。
    mandala121.ttf のダウンロードは梵字変換の使い方のページのリンクから。

admin にコメントする コメントをキャンセル

HTML tags allowed in your comment: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">